『Shine a Light』

[ Happy Hour / 信仰 / 音楽 ]

去年の10月のHappy Hour結成10周年コンサートに向けて、二人で「何か、新しいことやりてぇなぁ…。」とか語り合ってて、思いついたのが、多分まだ日本語訳にされてないと思われる曲を、訳してみようってことだった。

最初は別の曲を色々考えながら訳そうとしてたんだが、ある日、クリスチャン系とは全くかけ離れてるバンドのある曲を久々に聴いてて、「これじゃ!」って感じた。

ローリング・ストーンズの最も人気のあるアルバムの中の一枚『Exile on Main St.』(放題: メイン・ストリートのならず者)に入っている『Shine a Light』という曲。放題では『ライトを照らせ』ってなってるが、詞を理解すると、絶対そうならないはず。

以前から好きだった曲なんだが、多くの教会では、もうストーンズの曲だという理由だけで却下ってこともあり、クリスチャン関連の集会でこの曲をやるってのことを思いつくことさえなかった。とはいえ、『Happy Hour』というユニット名自体、酒に関する名前なんで、活動開始当初は、広告などで名前を削られ、二人の個人名だけ並んでたこともあったくらいなんで、思い切ってやってみようかと。

この曲を聴いてて思ったのは、みんな生きてると、周りに数人、必ず、「おい、しっかり生きてくれよ…。」って思える相手っているわけで、そういう連中に対してこの曲のような感情を持ってしまうってのもあるけど、ある意味、自分自身に対してもそういう時期があったかも…ってこと。Happy Hourの相方なんて、コンサートでこの曲の紹介をわしが終えたら、付け加えて、「うちの教会の人達のことを思い出す歌です。」とまで言いやがった。(笑)

ストーンズの曲とはいえ、あくまで相方が歌うのを想定して言葉や流れを考え、優しそうな言葉を選んでみた。当然アレンジも雰囲気も全く違うけど、歌詞自体は結構忠実に訳できてると思う。

コンサートの数日後、教会の礼拝堂で録音してみたんで、聴きたい人はこちらをクリック。うちの教会、去年末建物が売られて、以来使用に関して酷く制限があるんで、今後思い切って録音できないかもしれない。そういう意味では、我々の今後の活動のためにも祈っていただければと思う。

ちなみに、歌詞付の原曲はこちら

だが、特に原曲を知らない人には、是非原曲からの偏見抜きで我々の訳から聴いてもらえたらうれしい。



『Shine a Light』』には1件のコメントがあります。

  1. ん、「Shine a Light」って仏教で言えば「一隅を照らす」か?

Comments are closed.