30周年

[ 未分類 ]

自分が渡米したのは、1987年4月23日。今月後半で30年になる。

当時浜松にオフィスがあったNCI (Nippon Christian Insititute)という団体の留学制度を通して、中学3年~大学1年の合計33人の生徒のグループの1人としてやって来た。

東城を出たのが22日で、成田を出てロサンゼルス到着が23日。そこですぐ乗り継いでノースキャロライナ州シャーロットに向かうはずだったが、日本からの便の到着が遅れ乗り継ぐことができず。LAの空港でしばらく待った後、NCIが緊急で手配してくれたホテルで夜まで休息。ホテルのラウンジで弾いてたピアニストの演奏を、もうちょっと聴きたいと思いながら、しぶしぶ空港に向かう貸切バスに乗り、夜間の便でアトランタ経由でシャーロットに向かい、結局目的地のベルモントに着いたのは24日だった。1日ずれとるかもしらんが、とりあえずわしの記憶じゃそんな感じ。その頃のことは、2007年にも書いたんで、そっちを読んでいただくとしよう。

当たり前のこととはいえ、年齢を重ねるに連れ、時間が経つのが早く感じられる。あっと言う間に過ぎてった。

あれから10年、こどもには恵まれたが、両親祖父母ももういない。東城に『帰る家』というのもなくなった。

今のコンドを購入し引っ越してきたのが10年前の1月だったんで、それだけここに住んでることになる。

数年間働いてた現地の会社を離脱しフリーに転向。って、プロレスラーか?

交通事故で車ぶつけられたのが3回。そのうち2回は廃車

自分が卒業した高校のあるテネシーへ数年ぶりに、大学のあるテキサスには21年ぶりに行った。

プロレスは、以前より頻繁に観に行くようになった。Dragon Gate新日本プロレスといった日本の団体の米進出ってのもあったし、以前よりも日本の選手がこの辺の興行に出場することが増えたってのが主な理由かも。

反核・反原発を唱えてきた忌野清志郎は他界し、その2年後には東日本大震災。

色んな教会で演奏したり話をさせていただく機会も増えた。日本でコンサートしたり、母教会の礼拝で話させていただくこともあった。

信仰の先輩方も含め、何人もの友人知人が他界。

うちの教会はというと、相変わらず外野による理不尽でアホ臭いことで振り回されてるが、その分数少ない常連の信仰は成長したと思う。

このブログを始めて11年半。ここ数年は、短いことや友人限定にしたい内容はfacebooktwitterで済ませてしまうことが多いんで、前ほど、ちょっとしたネタもブログで載せるということが激変、その分ブログ更新の頻度も下がった。

もちろん、これを書くのは、23日にするつもりだった。

でも去る4月3日、故・鈴木理平氏(NCI理事長)の元夫人であり、離婚してNCIを離れてからも電話や手紙、メールなどで励ましてくれたりで、大変お世話になった鈴木春代先生が天に召されたという一報が友人経由で入ってきた。ここ数年はパーキンソン病で苦しんでたらしい。

さすがに、過去30年を振り返らずにはいられなかった。

本当に、これまで多くの方々に支えられてきたんだと、改めて実感する。

これまで自分のような奴でも相手にしてくれたみんな、そして全てを可能にしてくださった神様に感謝。

Jesus loves y’all.



30周年』には3件のコメントがあります。

  1. 30年ってあっというまだな。
    振り返る事は大切だね。

    はるりんも大変だっただね。

    30年で世界は大きく変わったけれど、30年前のベルモントに立ったときの根拠のないワクワク感は今でも持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です