夕べの夢

[ 信仰 / / 音楽 ]

いや、今朝の夢かもしんない。それはどうでもええとして…。

6月25日、日曜日。いつものように午前中に教会へ。礼拝が始まろうとしてるが、大変なことに。

なぜか、何も全く準備できてない。週報も印刷してなければ、みんなに見せる歌詞も用意してないし、楽譜も全て家に忘れてきた。

自分でも何故かわからん。

が、その時、見るからにいかにも宣教旅行中の日本人大学生グループっぽいのが何人かで教会に入ってきた。

焦ってる我々を見て、「今朝の礼拝、僕たちに任せてください。」とか頼もしいことを言ってくれる。

とはいえ、知らない連中に礼拝丸ごと任せるのもいかがなもんかと、自分は出来る限りの準備を続けてたら、勝手に礼拝を始めやがった。

それも司会をしているのは、昔、神学生時代にうちの教会に来てて、現在京都で牧師をやってる友人。なぜこんなタイミングでわしの夢に出てくる!? (笑)

彼の紹介で、20代前半くらいの男の子がギターを持ってみんなの前に立ち、弾き語りをし始めた。

よくよく聴いてみたら、ザ・バンドの、自分も好きな曲『ザ・ウェイト』じゃねぇか。本人が日本語訳にしてると思われる。そこは素直に面白いと思った。礼拝にそのまま使える歌かどうかは別として…。

ただ、歌もギターも、お世辞でも上手だとは言えない。

そうこうしてるうちに、「あ…。」とか言いながら、やたらと演奏が途中で止まる。

「やっぱ知らない連中に礼拝なんか任せるんじゃなかった…」と苛立ちながらも、「本人達も、一生懸命神様を賛美してるんだ…」と自分自身に言い聞かせ、忍耐を要求される状態に。

焦り始めた時、これは夢かもしれないと思い始めた。

「っつうか、25日って、まだじゃん?」

そうだ、やっぱ夢だ。

目覚める瞬間、もう一つのことに気付いた。

「そういえば、25日は、夕方の礼拝なんで、朝から行かなくていいんだった。」

そう。今度の日曜は、牧師先生帰国前の最後の礼拝で、いつ出ていくか定かでないうちの教会にとっても、約21年礼拝したあの場所に多くの方々をお招きするのは最後。なので、近隣の他の教会の方々にも合わせて、夕方にしたんだった。

自分も数曲演奏する。

なんか、今の教会の状況の中で、自分は疲れてるということを示されたような気にさせられた。

それと同時に、「今の自分にできる最高のものを神様にお献げした。」と自身持って言えるように、ちゃんと練習しないとなぁ…と、そう思わされた夢だった。

そういうわけで、今週末ニューヨーク近辺にいる人達、あの教会堂では最後かもしれない礼拝に来てくれたら嬉しい。

Jesus loves y’all.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です