Happy New Year

[ 未分類 ]

大晦日には友人達を招いて、鍋つつきながら飲みながら、〆には鍋に蕎麦をぶち込んで喰いながら紅白歌合戦を観た。毎年テレビ・ジャパンで早朝に生放送、夜に再放送だが、夜の放送は西海岸に合わせてるんで、ニューヨークでは終わるのが午前1時過ぎる。なので今回は、朝の生放送を録画して、夕方早めにみんなで観始めた。んで、終わったのが11時過ぎくらいだったんで丁度よかった。次回も多分そうしようかな。

まぁ、紅白に関しては大して語ることもなかろう。

渡米30周年だった2017年を振り返ると、ここ数年と比べたら、本当に色々あったような気がする。

2月には家族で5年3ヶ月ぶり、独りでも4年10ヶ月ぶりの帰国。東京でうちの教会の帰国者集めて20周年記念集会をやった。一泊だったが故郷に帰って友人達と飲みまくったり、母教会の礼拝で話させていただいたり、楽しかったが、結婚した頃から世話になった人が帰国中に他界、葬式に行くことになった。

6月には、うちの教会にも久々に受洗者が与えられたが、月末に3年の任期が終わり牧師が帰国すると、数日後には21年使ってきた建物を追い出され、ほぼ夜逃げ近い状態で荷物を運び出すはめに。

でも、それはある程度前から想定してたことだったんで、思い切って教会としても仕切り直しができた。そんなゴタゴタした最中の7月末、長年待望だったスタン・ハンセンに会えて、ほんの数分だが話をすることができ、励まされたような気がする。

9月には6歳のせがれが、ちょっとした手術。大した内容じゃないとはいえ多少疲れたが、その分、親としてしっかりせねば、と再確認させられた。

去年の今頃は、「来年はもっと落ち着いた年になればいいが…。」とか書いたが、むしろ正反対だった。でも不思議と、嫌な一年だったという気がしない。

なので「今年はこんな年になればええのぉ~。」っつうのは無い。いかに周りの人達を大事にしていくかってのは毎年の課題だと思うが、どんな年になるかは全然予想がつかんし、神様が自分をどういう方向に導いてくれてんのか、気長に…というか忍耐強く待つしかないかな。

Jesus loves y’all.