この一枚に…

[ ニューヨーク / 信仰 / 家族 ]

東城キリスト教会 - 特別講師: 本田弘慈師 (1964年)

広島県の山奥の、自分の故郷である東城という田舎町にある母教会。母の胎内にいる頃から16歳で渡米するまで通った、自分が育ち、洗礼も受けた場所だ。今の教会堂は1952年に建ったらしい。

この写真は1964年に撮られたもの。

自分が物心ついた頃には既に教会にいらして、幼い頃からの自分を知っている方々が何人もいる。勿論知らない人達も数人。

当然のことながら、中には既にこの世にはいらっしゃらない方々も。そして、結婚前のうちの親も。

うちの親が結婚したのは、この次の牧師先生の就任数ヶ月後だったので、自分はこの写真に写ってる先生にはお会いしたことがない。

自分が人生の中で、まともに通ったと言える教会は3つだけ。

まず、両親も若い頃から何十年も関わったこの母教会。

その次は、テネシーの高校時代に通った教会。週末、寮に残っている生徒は、日曜日の朝になると、キャンパス内で行われる聖書のクラスか、または自分の選んだ教会の礼拝のどちらかに出席しなければならないと校則で決まってたんで、歩いて行ける最寄りの教会に、時には二日酔いの状態で行っていた。そこの奏楽者のお宅でピアノのレッスンを受けてたこともあった。

そして過去22年近く関わってる今のニューヨークの教会

自分が今の教会に行くきっかけになったのは、ある友人のニュージャージーにある日本語教会での洗礼式だった。

1996年、自分は同じニューヨーク州でも、約2時間北の方にあるオルバニーというとこに住んでたが、ある時、その友人から電話があり、「信じてくれないかもしんないけどさ、俺、今度洗礼受けるんだよ。」ということだった。以前その教会に行ってたとは聞いてたが、しばらくするとあまり行かなくなったとかいう話も聞いてたので、結構驚いた。

そして5月26日の日曜日。渡米10年目にして初めて日本語教会というものに行ってみた。その夜は、マンハッタンのその友人のアパートに泊まったが、教会の方から電話があって、翌日、ウェストチェスター(現在自分が1999年から住んでいるニューヨーク市に隣接している郡)に新しくできた日本語教会で、本田弘慈師が招かれて特別集会があるとのこと。自分はせいぜい名前を聞いたことがあるようなないような、といった程度だったが、せっかくの機会だし、その新しい教会が東城の教会と同じ系列の教団に属していたのも興味深かったんで、2人で行ってみた。さすがに最初は時々だったが、それ以来、その教会にどんどん深く関わり始めることになる。当時は本田師のお孫さんもその教会のスタッフの一人だったが、今でも連絡を取り合ってて、昨年2月数年ぶりに帰国した際にも東京で再会できた。

数日後だったか、日本に電話して、ウェストチェスターの礼拝に出席して本田師の話を聞いたということを親父に話すと、数秒間黙り込み、

「おぉ…。そりゃぁ、ええ経験したのぉ…。」と一言。

長年、あの沈黙が気になってた。

それから10年以上経ち、結婚前の両親について、それまで以上に色々知る機会があった。

それでわかったのは、当時の2人は、(臭い表現だが)恋愛にも信仰にも燃えまくってたらしく、有名な伝道師を招いて行われる特別集会の準備のため、東城に住む1人でも多くの方々にイエス・キリストの福音が届くのを願いながら張り切っていた時期があったということ。

この写真はその集会の記念撮影で、説教師として招かれていたのが、最前列中央に座っている本田弘慈師。それを知った時、あの電話での沈黙の意味がなんとなく解ったような気がした。親父も不思議な気持ちだったんだろう。

そして6年近く前、この写真をネットに載せたら、数ヶ月後に、牧師夫人に抱っこされてる『赤ちゃん』から連絡があった。東城は彼女が生まれた町で、写真の中の彼女の後ろの男性が当時の牧師先生だとか。それも、ご家族でカナダに住んでらっしゃるとかで、よくまぁ見つけてくださったと、不思議な縁を感じた。後で聞いたんだが、その先生にとって、初めて牧師を務めたのが東城の教会だったらしい。

その方とは今でも連絡を取り合ってるが、去る12月31日、先生が天に召されたということを聞いた。

その数日前には、東城の教会の今の牧師先生からのメールで、長年教会に関わってこられ、この写真に写ってる方も、12月1日に召されたということを知らされていた。

思わずこの写真を出し、一人一人の顔を見つめた。

自分が生まれる6年以上も前に撮られたこの写真に、様々な想いが込められている。

広島の山奥の田舎町で撮られたこの一枚が、今でも東城とニューヨーク、そしてカルガリーをつないでいる。

神様から与えられてる色々なつながりに、改めて感謝した。

Jesus loves y’all.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です