夕べの夢

[ 信仰 / / 音楽 ]

いや、今朝の夢かもしんない。それはどうでもええとして…。

6月25日、日曜日。いつものように午前中に教会へ。礼拝が始まろうとしてるが、大変なことに。

なぜか、何も全く準備できてない。週報も印刷してなければ、みんなに見せる歌詞も用意してないし、楽譜も全て家に忘れてきた。

自分でも何故かわからん。

が、その時、見るからにいかにも宣教旅行中の日本人大学生グループっぽいのが何人かで教会に入ってきた。

焦ってる我々を見て、「今朝の礼拝、僕たちに任せてください。」とか頼もしいことを言ってくれる。

とはいえ、知らない連中に礼拝丸ごと任せるのもいかがなもんかと、自分は出来る限りの準備を続けてたら、勝手に礼拝を始めやがった。

それも司会をしているのは、昔、神学生時代にうちの教会に来てて、現在京都で牧師をやってる友人。なぜこんなタイミングでわしの夢に出てくる!? (笑)

彼の紹介で、20代前半くらいの男の子がギターを持ってみんなの前に立ち、弾き語りをし始めた。

よくよく聴いてみたら、ザ・バンドの、自分も好きな曲『ザ・ウェイト』じゃねぇか。本人が日本語訳にしてると思われる。そこは素直に面白いと思った。礼拝にそのまま使える歌かどうかは別として…。

ただ、歌もギターも、お世辞でも上手だとは言えない。

そうこうしてるうちに、「あ…。」とか言いながら、やたらと演奏が途中で止まる。

「やっぱ知らない連中に礼拝なんか任せるんじゃなかった…」と苛立ちながらも、「本人達も、一生懸命神様を賛美してるんだ…」と自分自身に言い聞かせ、忍耐を要求される状態に。

焦り始めた時、これは夢かもしれないと思い始めた。

「っつうか、25日って、まだじゃん?」

そうだ、やっぱ夢だ。

目覚める瞬間、もう一つのことに気付いた。

「そういえば、25日は、夕方の礼拝なんで、朝から行かなくていいんだった。」

そう。今度の日曜は、牧師先生帰国前の最後の礼拝で、いつ出ていくか定かでないうちの教会にとっても、約21年礼拝したあの場所に多くの方々をお招きするのは最後。なので、近隣の他の教会の方々にも合わせて、夕方にしたんだった。

自分も数曲演奏する。

なんか、今の教会の状況の中で、自分は疲れてるということを示されたような気にさせられた。

それと同時に、「今の自分にできる最高のものを神様にお献げした。」と自身持って言えるように、ちゃんと練習しないとなぁ…と、そう思わされた夢だった。

そういうわけで、今週末ニューヨーク近辺にいる人達、あの教会堂では最後かもしれない礼拝に来てくれたら嬉しい。

Jesus loves y’all.


今朝の夢

[ / 家族 ]

最後のシーンまで、色々あったような気がするが、殆ど忘れてしまった。

平日だったと思うが、まだ昼間。病気か怪我か、またはただのぐうたらか忘れたが、何等かの理由で、自分は二階のベッドに寝たきり。

下からは、時々誰かの声がする。が、その辺もあまり覚えてない。

誰かが帰ってきたらしい。平日の昼間なんで、嫁さんじゃないはずなんだが…。

階段を上がって来て、廊下を通り、自分が寝てる部屋に入ってきたのは、なんと、親父。夢に登場するのなんて、いつ以来だろうか。

それも、酔っぱらってて、全然まっすぐ歩けてない。昼間っから飲むような人間じゃないのに…。

仕事着だったが、それもまた汚れてたり、破けてたり。そうとう飲んでたらしい。

これまで、親父がベロンベロンに酔っぱらって帰ってきたという記憶は、二回しかない。両方とも、当然夜遅くだったし、変に笑顔だった。

でも今回は違った。表情一つ変えない。

フラフラになって歩いてるその後姿が、やけに寂しそうだった。

自分自身に対してイライラしてたから飲んだというより、家族に対する不満があったということが、夢だったから、すぐに判った。

わしのことで悩んどるんか…。

そういう、親父の気持ちが判ってるのに、真昼間から酔っぱらって帰ってきたもんで、自分も思わず、

「ほんま、何しようるんや!」

って怒鳴ってしまった。

そしたら、親父は、これまた表情を全く変えず、メガネを外して、こっちの足の方を目がけて投げつけてきた。

再び思わず、

「こらぁ!」

って怒鳴ってしまう自分。

そこで目が覚めた。

その瞬間、隣に寝てた嫁さんが、ため息をつきながら寝返り。

しばらくすると嫁さんがベッドから起き上がって、ゴソゴソし始めたんで、

「なぁ、さっき、わし、なんか声出しとった?」

って聞いてみたら、

「うん。気のせいか思ったんじゃけどね…。夢でも見たん?」

最後のシーンしか覚えてなかったけど、とりあえず説明した。

自分には今、幾つかの葛藤があって、毎朝毎晩それについて祈ってはいるんだけど、なんか今朝の夢は、親父に、

「しっかりせぇよ!」

…みたいな感じで、活を入れられたような気がした。


度忘れ

[ ]

夕べ見た夢。というか、目が覚めたタイミングからして、今朝かな。

何かのイベントで、あるバンドが演奏している。ほとんどのメンバーは知り合い。

彼らのコンサートなのか、何か別のイベントの一部なのかは覚えてない。とりあえず、自分は最前列の端っこに座っている。

最後の曲を演奏し始める前、あたかもこの自分がメンバー紹介をする予定だったかのように、バンドのメンバー達が小声で、

「Hisaさぁ~ん…。お願いします…。」

「はぁ? わしがやるんじゃったかのぉ…。」

と疑いながらも、場をつなげなければならないため、立ち上がってマイクを持つ。

そこで、色々と度忘れ。

「○○さん、名字、何でしたっけ?」

観客爆笑。

だが、他にも、知ってるはずの名前も思い出せなかったりする。

それだけではなく、数名いるメンバーの中には、会ったことがない人もいるのに気づく。名前知らんぞ…。

場をつなぐどころか、最後の曲の前だというのに、みんなをドン引きさせて、場を白けさせてしまった。

焦りながら目を覚ます自分。

目覚まし時計を見ると、まだ5時じゃねぇか。もっと寝てぇな…。

やっぱストレスからかな、こんな夢を見るのは。

しかし、松田聖子や『島崎さん』とは違い、知人達だというのに、いくら夢だとはいえ名前を思い出せないとは…。


今朝もまた妙な夢…

[ ]

とうとう、『』というカテゴリを追加してしまった…。

嫁さんや義母、友達やその家族を車に乗っけて(実際そんなに乗れるわけがない)、あるイベントに行った。

いつの間にか、自分はみんなと逸れていた。

会場の中を歩いてみるが、どうも、観客がいる場所には辿り着けず、舞台裏のような部屋ばかり。

色んな部屋を通過し、やっと向こうの方に観客が集まってると思われる部屋が見えたと思うと、廊下で声をかけられた。

「ご無沙汰してます!」と元気よく、ほぼスッピンの笑顔で。

「おう、『島崎』さんだっけ? 久しぶりじゃのぉ。」

「はい、お元気ですか?」

と言われたその瞬間、マネージャーらしき人が、

「こんな、人前で名前出さないでくださいよ。目立つじゃないですか。」

っつうか、本人が声かけてきたんじゃねぇか…。

そうこうしてるうちに、自分がその『島崎』さんと知り合いってことが判ると、色んな人達が名刺とか持って声かけてくる。

ちょっと、うぜぇぞ…。

その続きは覚えてない。実は、ここに書いてある場面までがもっと色々あったんだが、細かいことを書くと自分自身混乱してくるんでやめとこう。

とにかくその後、目が覚めてから、ふと考えた。

「どうせまた知り合いじゃないし…」

「それより、あの子、『島崎』だっけ? 」

「本人もそうだって言ってたけど、なんか違うような気がする。」

「いや、絶対違う。でも思い出せん。」

「あ…。」

「『柴咲コウ』じゃねぇか!!」

っつうか、なんでまた、こないだの松田聖子といい、ファンでもないし興味ないのが夢に出てくるんじゃ…


松田聖子

[ ]

80年代のトップアイドルといえば、松田聖子

あれだけの地位を築き上げたってことはすごいと思うし、ファンを裏切ったり驚かせたりするスキャンダルを肥やしにしてしまうのは、アントニオ猪木マドンナに共通するものがあり、ある程度尊敬に値するとは思う。

ただ、今はもちろんのこと、日本全国が夢中になっていた80年代の全盛期でさえもファンじゃなかったし、全くと言っていいほど興味がない。

それなのに、だ。

最近なぜか時々松田聖子の夢を見ることがある。

しかも、(80年代の)松田聖子とラブラブだとか、(現在熟女の)松田聖子に好き放題にされるエロエロなものだとか、目が覚めて隣に嫁さんが寝てることに気づいてから罪意識に陥るような内容ではない。

毎回ただ単にルームメート。つまり、同棲ではなく同居なのである。寝室が別の時もあれば、同じ部屋だがベッドが別々という場合もあり、同じベッドという設定はまずない。

例えば、夕べの夢。

普段めったに本を読まない自分が、ベッドの上で読書をしている。もちろん何の本かは覚えていない。同じ部屋には、もう一つベッドが置いてある。

そこで松田聖子が入ってくる。

「ただいまぁ~。」

「あ、おかえんなさい。」

「もう寝んの?」

「いや、まだっすよ。」

「じゃぁシャワー入っていい?」

「いいっすよ、もうちょっとこれ読んでますから。」

…やはり続きを忘れてしまっているらしい。

そして、先日の夢。

自分がリビングルームでソファに座ってテレビを見てるところに、これまた松田聖子が外から帰ってくる。

「ただいまぁ~。」

「あ、お久しぶりっす。ツアーどうでした?」

「楽しかったけど、疲れた。やっぱ歳かなぁ~。」

「ゆっくり休んだ方がいいんじゃないっすか?」

「そうね。たまには一緒にお風呂入る?」

(誘惑に陥らないどころか全く興味もなく) 「またまた。さっさと入って休んでくださいよ。」

「わかった。二、三日したら、久しぶりに飲みにでも行こっか? おごるからさ。」

(当然アンタがおごるだろ、と思いながらも笑顔で) 「いいっすねぇ! 店選んどきますよ。」

…これまた続きを覚えてないし、続きがあったのかも定かでない。

こんな感じで、特に盛り上がるわけでもない。

要するに、なんで今の自分に松田聖子なのか、それもなんでこんな退屈とも思える内容なのか、全く不明。

ただ、毎回、目覚めかけの自分の心の中に過るセリフは同じだったりする。

「そういや、聖子さん、元気にしてるかなぁ…。」

「あれ、一緒に住んでたっけ?」

「っつうか、自分、妻子持ちじゃねぇ?」

「それ以前に、松田聖子と知り合いだったっけ?」

「あ~、どうせ夢なら、(現在熟女の)松田聖子と『まったり同居中』なんかより、(80年代の)中森明菜と『ラブラブエロエロ同棲中』にしてくれぇ~」

…と、結局のところ、目が覚めた後で罪意識に陥ってしまう自分なのである。