故郷にて

[ 信仰 / 家族 / 旅行 / 飲み喰い ]

うちの教会の20周年記念集会をした翌日、広島に移動。以来、県内の姉のアパートに滞在中。

色々あって、故郷の東城では先週の土曜(3月4日)に1泊したのみ。嫁さんとせがれは、前日県内の別の場所に移動し、金曜(10日)に羽田に向かう飛行機に一緒に乗るまで別行動。

夜には東城に古くからある『香川飲食店』で同級生5人と、去年NYの我が家に来た女の子のご家族とで飲み会。16歳で渡米し、町内でも違う地区に住んでた自分にとっては、実はこの店に来るのは初めて。だしを換えずに延々と使っているといわれる伝説のおでんなど、色々いただいた。最後の方は、具が少なくなった鍋の中からスジを探し出して皿に移すと、同級生の一人から、「そりゃぁ多分2ヶ月くらい浮いとるやつじゃろ。」と、冗談か本気か検討のつかないコメント。
香川飲食店

翌朝は、自分が育った母教会の礼拝で、お話させていただいた。当初は数曲弾き語りするのを含め40分くらいにしよう思ってたど、合間に色々故郷での昔話や、ここぞとばかりに超主観的な見解などを入れてたら、1時間超えてしまった。正直、自分が言いたかったことがどれだけ伝わったか分らんが、喜んでもらえてたような気はする。

中には久々に来られたという方々や初めて礼拝に出席した方々、そしてニューヨークで知り合い、今回のためだけにわざわざ島根から車で3時間もかけていらした方もいて、嬉しかった。

本当はもっとゆっくりしていきたかったが、ある突然(?)の出来事により、昼食会の後、両親の遺骨が納められている教会墓地を訪れたら、県内の別の場所に移動。急いだ理由については次回書くとして…。

ちなみに、礼拝後の昼食会で、自分の両親と同世代で長年教会に関わってるご夫婦に、前の晩『香川』で飲んでたことを話すと、ご主人の方から、「あそこのおでんは、だしを換えてんねぇけぇ、わしらが行きょった数十年前の何かが、今でも沈んどるんじゃねぇかの。」と、これまた冗談か本気か検討のつかないコメント。

自分は実家がもうないわけで、この町に帰る場所はないけど、色んな人達と話してて、この町を守っていきたいという気持ちがすごく伝わって、これまた嬉しかった。

決して故郷を満喫したとはいえないが、それはそれで、なるべく近いうちにまた来たいという気持ちもかき立てられた。

次回はせがれ同伴ならええなぁ。

Jesus loves y’all.


BBQとプロレスと…

[ ニューヨーク / プロレス / 信仰 / 飲み喰い ]

昨日は、毎年恒例、うちの教会の裏庭でのJCFN New York BBQ Party。

前日、我が家の近所にある韓国系スーパー『H Mart』で食材の殆どを買い出し、教会裏の牧師館で仕込み。毎年同様、肉は前日いつもと同じ味付けで仕込み、一晩漬けておく。ビーフは韓国風BBQ用タレで、ポークチョップは塩、コショウ、ごま油。鶏のドラムスティックは圧力鍋で湯がいておいて、半分をタレに漬けて、もう半分は塩コショウにした。

今年は中心メンバーの都合で、8月後半という、ちょっと例年よりも遅めの開催だったが、参加者は30数人。去年よりちょっと少なかった程度なんで、まぁよかろう。

ただ、今回は、予想以上に料理を持って来てくださった方々がいたんで、赤字にはならなかったが、こっちで用意した肉や野菜、ご飯が大量に余った。それも、分けてみんなに持って帰ってもらえたんで、よかったけど。

今年も昨年同様、誰かに説教や証をお願いするんじゃなく、スモールグループに分かれてディスカッションをした。正直なところ、当日イベント直前までテーマが決まらず。とはいえ、焦ることなく、「神様が何かネタくれるだろう。」とか思ってると、うちの牧師が、日常どんな時に、「神様っているなぁ。」と感じるかってので、提案してくれた。結果的によかったと思う。

来年は例年どおり7月の第一土曜とかにやりたい、と個人的には思ってる。

イベントが終わり片づけた後は、無謀にも、参加者の一人と一緒に、ブルックリンのほぼ最南端にあるコニーアイランドまで電車で行き、マイナーリーグの野球場で今月二度目のプロレス観戦。電車の待ち時間など入れると、片道約二時間。

新日本プロレスと提携しているRing of Honor (ROH)という団体の興行で、新日本のトップ選手達も数名参加。同日、同じくブルックリンの大会場でWWENXTというグループが興行してたので、そのせいか満員じゃなかったのが残念だが、自分としては初めて野外でのプロレス観戦で楽しかった。実は、コニーアイランド自体初めてだったが、いつかまた行って、満喫できればと思う。

帰る途中にマンハッタンでラーメン喰ったが、なんとか終電の一つ前ので帰れた。とはいえ、帰宅は2時過ぎ。やっぱちょっと遠いなぁ…。


コーラとビール

[ 飲み喰い ]

両方とも、自分が好きな飲み物で、人生を振り返ると、かなりの量を消費したと思う。

昨日、マンハッタンのお客さんとこへ向かうため電車に乗る前、ホームの自動販売機でボトルの水を買おうとしたら、なんと売り切れ。しょうがないんで、久々にコカコーラを買った。

実は、自分はCokeが大好き。でも、絶対体にいい訳がないし、事実、昔ほぼ毎日飲んでた時期に、当時の彼女(=今の嫁さん)に、心臓の鼓動が不安定なことを指摘され、かなり飲む頻度を減らしたら治ったという経験がある。今では数ヶ月に一度飲む程度。

しかし、材料一覧見てると、すげぇな。GMO(遺伝子組み換え)のはずのコーンスターチやリン酸が使われとる。もちろんカラメル系の着色やカフェインも体にはよくない。

こりゃ、頻繁に飲んでなくて正解じゃ。

さて、ビールはどうなんやら。酒類という意味では、当然飲み過ぎるとよくないわけだが…。

Organics.orgというサイトに、『今すぐ飲むのを止めるべきビール・トップ8』(英語)というページがあるのを見つけた。

8つの銘柄のうち、予想通り6つは、全米で安い値段で売ってるビール。全てGMOの材料やリン酸が使われている。

6位にランクされているGuinessについては、文中にもあるとおり、今ではGMOの異性化糖は使われてない。魚の鰾も使われてるらしいが、それがどう体に害なのかは、自分は知らない。そういう意味では、このリストからは外されるべきなのかも。

8位のPabst Blue Ribbonは…、見たことあるかも知らんが、飲んだことない。

それ以外の6つは、どっちにしても、おいしくないビール。

ちなみに、堂々(?)1位のNewcastle Brown Aleについては、この中でも唯一、余分の発がん性物質が入っているらしい。

このリストの下には、どちらかというと健康的とされるビールの一覧があり、自分がいつも飲んでるBrooklynブランドのビールや、これまた結構好きな Samuel Smithsが、オーガニック(完璧でもないらしいが)として挙げられている。オーガニックではないが、材料的に安全なものとしてこれまた自分が好きな Sierra Nevadaも挙げられている。

ちなみに、最近Brooklyn以外に好んで飲んでるのは、メーン州産のPeakという、オーガニックのビール。これもまた、なかなかおいしい。

先日の検査では、血圧もコレストロールもなんとかギリギリ、肝機能はOK。

んで思ったのは、もし、通常自分が飲む量のビールをコーラに置き換えてみたら、おそらく虫歯どころか、病気になってるかもな、ってこと。

だからと言って、ビール飲みまくるのを正当化できるかどうかは別だが。(笑) Continue reading


JCFN New York BBQ Party

[ ニューヨーク / 信仰 / 飲み喰い ]

今日は、毎年恒例、うちの教会の裏庭でのJCFN New York BBQ Party。

昨日、我が家の近所にある韓国系スーパー『H Mart』で食材の全てを買い出し、そして誰も住んでいない教会裏の牧師館で仕込み。毎年同様、肉は昨日いつもと同じ味付けで仕込んだ。前日に仕込みして、一晩漬けておく。ビーフは韓国風BBQ用タレで、ポークチョップは塩、コショウ、ごま油。鶏のドラムスティックは圧力鍋で湯がいておいて、半分をタレに漬けて、もう半分は塩コショウにした。もう何年もやってるせいか、5時過ぎに仕込みを始めて7時には終わった。

さすがに行きつけのバーでのハッピーアワーには間に合わなかったが、教会から歩いて行けるバーで一杯。その後、教会で毎週金曜夜の祈祷会。教会の中が暑過ぎたんで、裏にある牧師館のベランダでやった。それもまたなかなかよかった。

今回は、ギリギリまで実際の参加者数が判らなかったが、最終的には2歳児二人入れて32人。大体予想してたくらい。

去年、食材が足りなかったんで、今年はちょっと多目に買った。毎年、ギリギリ足りたり、余ったり、丁度いいってのがなかなかないが、今年は野菜がちょっと余ったとはいえ、大体いい感じだったと思う。

今年は、久々に、どこかの牧師先生にメッセージをお願いするんじゃなく、ある教会に通ってる人に、証をお願いした。でも、昨年同様、残念ながら、自分はバタバタしてたんで、その話は殆ど聞けなかった。

毎年、雨が降りかけたり、実際にちょっと降ったり、比較的どんよりした天気が多いが、今年は、やけに暑かった。暑いというより、熱いという方がふさわしい表現かも。

集会終わって思い出したんだが、2003年からやってるんで、今年は10周年。そういう大事なこと、ちゃんとアピールできたらよかったが…。とはいえ、よくまぁここまで続けられたもんだ。参加者みんな、買出しや仕込みを手伝ってくれた友人、今朝から集会中、そして片づけも手伝ってくれた人達、そして誰よりも神様に感謝。

イベントが終わったら、終始グリルの前にいたうえ、片づけや掃除も手伝ってくれた友人と二人で、教会最寄の駅前のバーへ。ビールもなかなかおいしかったが、なによりもエアコンのある建物の中でくつろげるってのがよかった。

JCFN New Yorkとしては、毎月やってるインターナショナルVIPクラブのニューヨーク集会以外で、定期的にやってるのはこのBBQのみ。いつも、もっと何かやらねばと思ってはいるが…。集会中、顧問の牧師先生の話にあったように、本来のJCFNの目的を支えるための活動がこれまで以上に色々とできればと思う。


JCFN New York BBQ Party

[ ニューヨーク / 信仰 / 飲み喰い ]

今日は、毎年恒例、うちの教会の裏庭でのJCFN New York BBQ Party。2003年から続いてるとはいえ、毎年どれだけ人が集まるかとか、どんな天気になるかとか、いまひとつ神に全てを委ねきれず、緊張してしまう。ここんとこ、教会関連のことで疲れまくってるんで、尚更心配が大きかったような気がする。

これまでとの大きな違いは、今年の春、韓国系大スーパー『H Mart』こと『韓亜龍』(ハナルム/ハナルン)が我が家から歩行距離内にできたこと。去年までは、車で橋の通行料金払ってニュージャージー州フォートリーにあるH Martやクイーンズの別の韓国系スーパーまで買出しに行ってた。さすがに、それらの店よりは多少高めだが、なんせ時間的にかなり節約できる。昨日、食材の殆どを買ってきた。

毎年同様、肉は昨日いつもと同じ味付けで仕込んだ。前日に仕込みして、一晩漬けておく。ビーフは韓国風BBQ用タレで、ポークチョップは塩、コショウ、ごま油。鶏のドラムスティックは、半分をタレに漬けて、もう半分は塩コショウにした。去年までは、前日に仕込み終わるのが、毎週金曜夜8時からやってる祈祷会開始ギリギリだったりしたこともあったが、今年はさすがに近所で買い物ができたので、仕込み終えてそのまま行きつけのバーでのハッピーアワーで軽く(?)一杯。

今回は、火曜日の時点での参加予定者が20人にもならず、心配したが、結局最終的には子供を入れると35人。去年の50人近くよりも少なかったが、それでも予想以上だった。

野菜や肉を焼き始めると、「足りないんじゃない?」というみんなの意見。急遽、近くのスーパーに追加の野菜を買いに行ってもらい、まだ自宅にいた嫁さんにも、H Martで追加の肉を買ってきてもらうように手配。結局その必要はなかった。毎年、ギリギリ足りたり、余ったり、丁度いいってのがなかなかない…。

他の集会では時々会うけど、BBQには初めてってのも数名。「毎年、来たい来たいって思いながら、『ビールのないBBQなんて』って思うとね…」とか言われたんで、「毎年、どんな想いでわしがビールがないBBQで我慢しとる思うとるん!?」って言い返してしまった。(笑)

残念ながら、自分はバタバタしてたんで、牧師のメッセージは殆ど聞けなかった。

天気予報では、集会最中の1時ごろから3時ごろまでが雷雨とか言ってた。どうせ毎年そんなこと言って、まともに降ったのって一回くらいだ。でも途中で、少し降り始めたので、みんなで協力して、室内に移動。移動する必要のあるほどの雨にはならなかったが、みんなが帰り始めた頃に、突如の大雨。人が少なくなり始めて片付けてる間に雨が降り出すことを考えると、途中で中に入ってて正解だった。

参加者みんな、買出しや仕込みを手伝ってくれたのに結局殆ど参加できなかった友人、今朝から集会中も手伝ってくれた人達、そして誰よりも神様に感謝。

大雨だったので、参加者の中の夫婦一組をブロンクスまで車で送ってった。なんと、過去にうちの教会員数名が住んだこともある、ミュージシャンが多いアパートだった。何年ぶりだろうか。帰りの車の中で色々思い出して、懐かしかった。

げっそり疲れて帰ったら、普段会わない人達に会って疲れてたのか、せがれは爆睡中。嫁さんに、「シャワー浴びてくる。」って言ったら、なんと、

「シャワーから出たら、余った肉、焼いてくれる?」

冗談じゃろ。簡便せぇよ…。