裏方

[ プロレス / 信仰 ]

先週の月曜、宣教師として日本に行く準備をしているという韓国系アメリカ人の女の子と出会い、色々話をした。

ニコニコして明るい感じの子で、大学を卒業して、まだ2、3年しか経ってないようだ。うちの姪達より歳下か。日本語を勉強して宣教師になるなら、再来年あたりには、もし自分がその子を人前で紹介することがあれば、「~先生」とか言うんだろうと思うと、不思議な気もした。

世界的に大学のキャンパスを中心に活動している有名な宣教団体で働いているんで、クリスチャンじゃない学生達に直接話をしていくのが彼女の活動の中心になるんだろうと思う。

会話の中で、自分はむしろどちらかというと反対で、直接口頭で誰かに福音を伝えたり教会に誘ったりするのは、実は苦手だということを明かした。

確かに、人前で喋たったり演奏したり、礼拝やイベントの司会もしたりで、正直目立つ活動も結構ある。でもそういうのは全て、会衆の前でやってるわけで、色んな人達を個人的に相手にしているわけではない。

自分みたいに、見た目が胡散臭く、不愛想な雰囲気の奴は、誰か知らない人に個人的に『神の愛』とかについて話すよりは、教会や宣教団体の事務仕事、またはイベントやウェブサイトの手伝いなど、裏方の仕事の方が向いてるような気がするということを語った。

丁度3ヶ月前、プロレスラーのスタン・ハンセンについて書いたが、それもまた、自分自身の言葉ではなく、せっかく自分のプロレスのウェブサイトの人気が出てきてたので、福音を伝えるのに利用しない手はないと思って、プロレスラー達の信仰の証を載せ始めようとしたのがきっかけだった。

そのページに載せてる殆どは、プロレスファンでないと解らない選手ばかりだが、さすがにハンセンくらいになると、プロレスファンでなくても名前くらいは聞いたことがあるという人が多く、影響力もある。

かれこれ15年近く前になるが、テキサスの大学にいるというアメリカ人の学生からメールが来て、「こないだ日本人のプロレスファンの友人がクリスチャンになった。色んなやり方でイエスのことを伝えてきたけど、その中でもハンセンの証を見せたのが大きかったような気がする。」とのことだった。自分がやってきたことが誰かの役に立ったと喜んで神様に感謝した瞬間だった。

6年前には、あるミュージシャンからも、同じくハンセンの証を読んだということで連絡をもらった。

そして昨日、見知らぬ人からfacebookに友達申請が来た。10年前にハンセンの証を読んで感動したが、最近ご本人もハンセンと似たような状況になったらしく、改めて励まされたとのこと。実は自分のブログも読んでくれてるとか。

人前で音楽を演奏していると、「誰か一人から感想を言われたら、その人だけではなく、何人も同じことを感じている人がいると思え。」と、何度か言われたことがある。何年もかけてではあるが、ハンセンの決して長文ではない証だけで数人連絡をくれたってことは、もっと多くの人達が、それによって励まされてると理解していいんだろうと思う。

プロレスのサイトとは別に、うちの教会のウェブサイトを始めたのも、そこに信徒達の証を載せようと呼びかけたのも自分だが、それもまたこれまで何人もの人達から励まされたという連絡をもらった。

先週の日曜は、近所の他教会で日本からの特別ゲストが来て話すっていうんで、うちの教会も合流したが、その先生が言ってたことの中に、「祈ってても神様から方向性が示されないこともあるが、そういう時は、無視されているのではなく、自分が今やってることを地道に続けろということ。」というのがあった。

確かに最近は、教会のことも、それ以外の自分が関わってる伝道活動にしても、祈ってても何も聞こえない。ならば、裏方の仕事だろう何だろうと、実際に何人もの人達にいい影響が与えられてるらしく、何等かの形で色んなとこで撒いた種が芽生えているようなんで、これまでどおりコツコツやってくってことでいいってことか。

色々と励まされた一週間だった。

Jesus loves y’all!


『不沈艦』

[ ニューヨーク / プロレス / 信仰 ]

もしかしたら、今日ほど、たった5分10分程度のために、時間とお金を費やしたことはないかもしれない。

とはいえ、単に夢中になりまくってたわけでもなく、正直あまり期待もしてなかったが、それでも実行しなければいけないような使命感があった。

15年前、自分のウェブサイトに載せるために、ある人にクリスチャンとしての信仰の証を書いてもらいたいと思い、連絡先を知ってそうな色んな人達に依頼してたら、ある日突然本人を名乗る人がメールで送ってきてくれた。今まで会うことがなかったテキサス中部在住のその本人が、今夜ニュージャージーに来るという情報が入ってきたが、その場所が結構我が家から行くのに不便そうだったので、今回もまた会う機会がないと諦めてた。

だがなんと、昼間には、うちからもうちょっと行き易い場所にも来るとのこと。

現在、自分は過去3~4年の間に教会や(直接嫁さんやせがれが原因ではないが)家庭のことで溜まりまくったストレスにより、多少体調を崩していて、車ならば30分くらいで行けるとこだが、ちょっと自信がなかったんで、わざわざ2時間近くかけて電車で行った。

ニューヨーク市のほぼ東端にあるフラッシングという町は、台湾人や韓国人が多く、大部分が中華街または韓国人街っぽかったりして色んな店があるが、今日行った場所は結構外れの方で、特にこれといって何もない地域だった。

そこに小さなプロレスショップがあって、時々新旧の大物レスラーが来てサイン会をするんだが、今日は「有名人に会いに行く」というミーハー気分よりも、どちらかというと、「これを逃すと挨拶する機会がなかなか無いかも。」という思いで行ってきた。

プロレスのTシャツは何枚か持ってるが、今日はやはり故ブルーザー・ブロディのを着ていくしかないと思った。

過去20年近く使ってきた日本語の聖書も持って行くことにした。

そして、15年前に送られてきた信仰の証の英語の原文も印刷してバックパックの中に入れた。

初めて行く場所ということで、念のため早めに行ったもんで、とりあえず事前に友人が薦めてくれてた二件隣のイタリアン・デリで軽く昼メシ。喰い終わった後、店の前で時間を潰してたら、本人が車から降りてきた。

ブロディのシャツを見ると、ニヤっとして、「元気にやってるか?」と声をかけてきた。でも、引退して時間も経ってるし歳もとって縮んだのか、自分より大きいという感じはそれ程しなかった。

少しずつ列ができてきたが、自分より先に来てた二人がメシか何かでどっか行ってたので、自分が最初に入らせてもらえた。

まず、「これ、昔送っていただいたんですが、覚えてますか? 本当にご本人から来たものか、長年気になってるんです。」と言いながら印刷した証を渡した。最初の数秒間、「なんじゃこれ」とか言わんばかりの表情で読んでたが、途中で、「Wow… Oh my goodness… これ、確かに俺が書いたやつだよ。結構前の話だよな。」という返事が返ってきた。なので、プロレスサイト宣伝用の名刺も渡しといた。印刷した証は、本人が持って帰りたいとのことだった。

そして、持って来た聖書を開き、裏表紙にサインするようにお願いした。
聖書

「多分、聖書にサインしたのなんて初めてかも。」

「え? 英語の聖書にも?」

「ないなぁ…。」

「んじゃ、それもまた光栄ですね。大体、日本国外で日本人のクリスチャンってのもなかなか会えないでしょ?」

「確かにな。俺たち夫婦は、大和の教会に行ってたけど。」

「確か、カルバリーチャペルでしたよね?」

「そうそう。素晴らしい牧師だった。」

「いやぁ、本当、やっと会えて嬉しかったっす。」

「だな。驚いたよ。もしかしたら、今後も俺たちは連絡取り合うべきなのかもよ。」

社交辞令かもしらんが、日本で最も活躍した外人選手の中の一人であるスタン・ハンセンが自分にそう言ってくれたのは嬉しかった。

もちろん、業界ではあそこまでのレジェンドが、自分なんか覚えてて連絡してくるとも思えないけど、でも、彼のクリスチャンとしての信仰が、日本語を話す人達に、イエス・キリストを通して現わされた神の愛を伝えていく更なる機会につながってほしいという希望が大きくなった。

Jesus loves y’all!


サルーキ= in New York

[ ニューヨーク / プロレス / 信仰 / 音楽 ]

サルーキ= Live in New York

6年前、facebookで、ある人から友達申請をもらった。

最初、彼のプロフィールを見た時は、インディのミュージシャンか何かが、ネットワークを広げたいから適当に申請してんのかな、と思った。

写真を見ると、ステージの上を駆けずり回ってそうなロックバンドのボーカルの彼と、仕事してる時も、ビール飲んでる時も、ピアノを弾いてる時も、基本的に座ってることの方が多いこの自分では、何も共通点がないと思った。

だが、友達申請と同時に、メッセージも送られて来ていた。

クリスチャンだという。

それでもってプロレスファンらしい。自分がやってるサイトの中にクリスチャンのプロレスラー達について書いているページがあるが、その中のスタン・ハンセンの証を読んで、連絡したくなったそうな。

自分とは全然違い、彼はプロのミュージシャンだが、それでもロックやブルースが好きだという点でも共通していた。

更に、後日知ったのは、彼が、十代まで島根県江津市で育ったということ。自分は行ったことがないが、自分の先祖は江津で漁師の大将だったらしい。つまり江津の人間の血が自分には流れてる。死ぬ前に一度は訪れるべき土地だと思ってる。

2年前にも、バンドとしてではなくソロで、そしてそのバンドとは別に一人でギターの弾き語りをする奥さんと一緒にニューヨークに来たが、その時は他にも色々な人達が出演した長いイベントの一環だったし、時間も押してて、結局あまり会話もできずに終わった。

だが数ケ月前、今度はバンドのもう一人のメンバーも一緒にニューヨークに来るということを知ったので、すぐに連絡し、日程を抑えさせていただいた。奥さんも同伴。

テキサスで数日間活動した後、先週ニューヨーク入りし、金曜にはみんなで焼肉喰いに行った。予約がいっぱいだったんで、制限されて2時間弱だったが、それでもある程度色々話せたと思う。

そして夕べは、自分が2009年から主催者の一人して関わってる月例集会で、コンサート。

イベントが始まる直前、今回ニューヨークは初めてだという、もう一人のバンドメンバーが、ニコニコしながら、スマホで一枚の写真を見せてくれた。

「小学生の時に、この『LP』持ってたんですよ。」

入場テーマだけではなく、音声のみの試合実況などが入ってる、プロレスラーのアルバムのカバー。なんとここでもスタン・ハンセンだった。

日本は既に6月13日。8年前、広島での試合中、リング上で倒れ、そのまま他界した三沢光晴の命日だ。

色んな意味で、神による不思議な計らいを感じた。

当初は、バンドの二人と、どっかから見つけてきたパーカッションの三人でアコースティックライブになるという理解だったが、ふたを開けてみると、自分も知り合いの、この地元のクリスチャンのミュージシャン達との共演だった。現在二人でバンドとして活動しているそうだが、こうやって海外に出る際、地元のミュージシャン達と共に演奏するのって、本人達も楽しいだろうが、聴いてる方も親しみが沸いてなかなかいいんじゃないかと思った。

サルーキ= Live in New York

クリスチャンじゃない人達に聴いてほしい曲とかもあったんで、もうちょっとそういう方々にも来てほしかったけど、それはさておき、かなり盛り上がった。

お世辞抜きで、いつかまた是非呼びたいと思った。

Jesus loves y’all!


イベント続きで…

[ ニューヨーク / プロレス / 信仰 ]

今月は色々あったんで、あっという間だった。

2日(水) – 27年ぶりに、高校の後輩に会った。っつうても、当時の自分はほとんど英語が話せず、存在こそ覚えてたが、彼女と会話した記憶が全くない。数ヶ月前、その高校関係のソーシャルメディアのページで彼女が投稿したことが興味深かったんで、メッセンジャーで、「面白い投稿、ありがとう。」と一言送ったら会話が始まり、お互いNYにいたことがわかり、会うことに。ウォール街の東側の端っこで待ち合わせ、そのまま川辺へ出ていき、晴天の中、河口近くの景色を楽しみながら日没まで色々語り合った。その後、ワールドトレードセンター跡の周りを歩いたが、実は自分にとって9/11以降初めてだった。普段あの近辺に用事がないってのもあるが、やっぱ心のどこかで行きたくないという気持ちがあったのも事実。そう彼女に伝えると、「気持ちはわかるけど、でもやっぱ、あの時のことは覚えててほしいな。」と返された。そして、ブロードウェイを歩いて北上し、ウェストビレッジのバーで1杯だけ飲み、そこで彼女の友人と合流し、3人で今度は西側の川辺の公園まで歩いた。時間が遅くなったんで、ちょっと話した後、自分だけそこを去った。他にも色々あって、なんか全体的に、超不思議な時間だった。

6日(日) – 前回の投稿を参照。

12日(土) – ニュージャージーの地元プロレス団体JAPWの20周年記念興行。ジャージーまでプロレス観に行ったのは結構久々のような気がする。全体的に悪くはなかったが、ここ数年は定期的な興行がなかったうえ、昨年プロモーターが他界したということもあってか、なんとなく段取りがあまりよくなかったような気がした。メインイベントの金網デスマッチのための金網を設置し始めたのが既に11:30、我が家まで車で約1時間かかることを考えたら、気分が疲れてきたので、最後の試合を観ずに会場を去ってしまった。

14日(月) – 毎月マンハッタンの教会でやってる、自分も主催者の1人として関わってる集会。ゲストは元ヤクザの牧師。何度もNYにはいらしてるが、27日には初めてうちの教会にも来ることになってんで、今回は宣伝に普段より力を入れてみた。この集会どころか、教会に殆ど行ったことがないという人達が数人いたのでうれしかった。

16日(水) – 世界最大のプロレス団体WWEの二軍的役割を持つNXTの初のマンハッタン興行。マディソン・スクエア・ガーデンの中にあるシアターでプロレスが行われたのは、かなり久々のはずだが、プロレスにはなかなかいい会場だと思った。現在のNXTのチャンピオンは、今年の初めに新日本プロレスから引き抜かれてきた中邑真輔で、女子チャンピオンは華名 (WWEではASUKA)、そしてKENTA (WWEではイタミ・ヒデオ)も所属し、飯伏幸太も時々ゲスト参戦するという、日本人大活躍の団体。ASUKAがセミファイナルで女子王座を防衛し、真輔はメインの6人タッグに出場で、かなり盛り上がった。終了後、会場の外に出ても、真輔の入場テーマを一部の観客が大合唱し続け、2、3ブロック離れても、まだ聞えてた。

21日(月) – マディソン・スクエア・ガーデンのアリーナでビリー・ジョエルのコンサート。ビリーが毎月ガーデンでの定期公演を始めて以来、うちらが行ったのは2回目。ガーデンでは全部で多分4、5回目、その前に別の会場で2回行ってるんで、今回でビリーのコンサートは6、7回目くらいのはず。さすがにそんだけ行ってりゃ、最も安い席で十分かと思い、チケットを買って行ってみたら、その中でも最後列。廊下まで出なくても、すぐそばに売店もトイレもあったし、後ろの客に気を遣わずに好きな時に立ち上がることができたんで、気楽に聴けた。でも次回はもうちょっといい席にしたいとも思った。うちのせがれがコンサートに行ける歳になるくらいまで頑張ってほしいが、やっぱ無理かなぁ…。

24日(木) – 我が家に滞在中の義理の両親も含め、家族全員がメリーランドの親戚のとこに行ったんで、残った自分1人、数年前に行き着けのバーで知り合った友人宅 (…っつうても50代半ばの女性だが) に招かれて、サンクスギビングのディナー。数週間前に、「1人で残るなら、うちにおいで。黒人のサンクスギビング料理を味わわさせてやるよ。」とか言われたけど、以後なかなか連絡がなく、前の晩その店で飲んでたら、いつの間にか隣に座ってたんで、再びその話になった。出てきたメニューはごく普通のサンクスギビング料理だったが、普段はパサパサで喰ってられない七面鳥の胸肉も柔らかかったし、野菜の味付けなどが、やはりなんとなくソウルフードっぽく、おいしかった。変に形式的でもなく、あまり気を遣わずに気楽にいれた。そこに来てたある夫婦の行ってる教会が、自分のお隣さん夫婦も行ってる同じとこで、ご主人同士が同じ男性聖歌隊で歌ってるということも判明。それも、自分自身そこには一度だけ友人の葬式で行ったことがある。世の中狭いわ。

27日(日) – 前述のとおり、うちの教会で元ヤクザの牧師を招いての特別礼拝。今回自分は讃美歌3曲伴奏で弾くくらいで、正直普段ほど忙しくはないかも。これまた近辺の日本食料品店など色んなとこにビラを貼らせていただいたんで、普段教会に来ない人達も来てくれたらええなぁと思う。

さすがにちょっと疲れたけど、色々あって充実した月だったと思う。

Jesus loves y’all.


プロレス漬け

[ プロレス ]

先週一週間はずっとプロレス観てたような気がする。

「え? いつものことでは?」とか思われるかもしらんが、実は最近はそんなにじっくり試合を観てるわけではない。むしろ、プロレス関連の自作サイトを更新するためのリサーチの方に、観戦するより時間を費やしてる。

8/20 (土) – WWE Network (WWEによるストリーミングサービス)で『NXT TakeOver Brooklyn II』。オースティン・エイリースが試合に勝った後、負傷欠場から復帰したKENTA (NXTではなぜか『イタミ・ヒデオ』)が乱入、エイリースを攻撃。華名 (NXTではASUKA)はNXT女子選手権を防衛。数か月前、新日本プロレスから電撃的に引き抜かれた中邑真輔はサモア・ジョーを破りNXT選手権奪取。やたらと日本人の活躍が目立った。

8/21 (日) – WWE Networkで『SummerSlam 2016』。試合内容の面でも全体的に楽しめたが、特にメインの最後にブロック・レスナーがランディ・オートンを文字通り『血の海』に沈めたのを見た時は、いい意味でも悪い意味でも興奮した。でも今の時代、ああいうのは流行らないんだろうが…。

8/22 (月) – USA Network (通常のケーブル局)で『WWE RAW』の生放送。

8/23 (火) – USA Networkで『WWE Smackdown Live』の生放送。

8/24 (水) – WWE Networkでクルーザー級トーナメントとか色々やってるみたいだが、またもや観るのを忘れた。(笑)

8/25 (木) – うちから車で30分くらいのとこのポモナという田舎町にある野球場でNEW (ノースイースト・レスリング)を観戦。7/30の大会が新日本プロレスの獣神サンダー・ライガーやカマイタチ、知人の坂井澄江らが参戦。ハーディ・ボーイズや、ダスティ・ローデスの次男コディも出てた。せがれと、うちの教会の牧師先生と一緒に行ったが、案の定せがれはほとんど興味持たず。とは言え、二日後、突然、「澄江さん、どこ行ったの?」とか訊いてきたなぁ。(笑)

8/27 (土) – 電車で約二時間かけて、ブルックリンの南端、コニーアイランドの野球場でROH (リング・オブ・オーナー)と新日本プロレスの合同大会。実は当初、車で1時間くらいのとこにある別の球場で、NEWの大会があり、ライガー他、有名な選手が色々出るのでそれに行こうと思ってたが、柴田勝頼が出るっていうんで、ROHを選んだ。今回のお目当てだった柴田の試合も観れたし、米国修行時代に知り合ったEVILとも挨拶程度だが再会できたし、色んな意味で楽しかった。

…とは言え、これもまたRAWを見ながら書いてたりする。

久々にプロレス的には超充実した一週間だった。

こんなことで満足してていいのかは別として。(笑)