Macで問題

[ IT ]

久々に仕事ネタでも。専門用語連発なんで、判らん人はスルーでええよ。

今年に入ってから、ある仕事先で起こってる問題。

Macのみ、ネットワークにつながらない。

春頃の段階では、とりあえずMac OS上でソフトウェアアップデートをすれば、接続できるようになってたみたいなのだが、先日スイッチやその他ネットワーク機器を交換してからは、Macだけではなく、多くのPCまでもが繋がらなくなった。

理由は、新規導入した全てのスイッチの速度が1Gbps (= 1000Mbps)であるにも関わらず、部屋ごとの配線の殆どが、ケーブル内の結線8本全てを使わず、それぞれ4本ずつしか使われてなかったので、1Gbpsに対応できてないということ (実際、1Gbpsが規格化される前からある10または100Mbpsの接続は、実際には8本のうち4本しか必要としない)。

まさか、たくさんある部屋全てに配線のし直しをお願いするわけにはいかないし、問題のあるコンピューターの一台一台を調べてる余裕もないんで、ネットワーク機器の担当者(自分はここでは主にそれ以外の担当)の提案で、スイッチの速度を100Mbpsに固定してもらった。

設定を変更した後、Windows機で試したら、接続できたというので、安心してたところ、二日後に再びそこへ戻ったら、今度はなんと、それまで接続できてたMacBookの多くが接続できなくなったという。それも、全てMacBook Airや一部のMacBook Proを中心とした、USB/Ethernetドングルを使う機種。

再び、ネットワーク担当者に相談、共同作業で色々調査。

結局、スイッチ側の速度は100Mbps固定のままだが、通信方式が初期設定で full duplex (全二重 = 双方)だったところを、自動認識にすることで、Macも接続できた。

本来、コンピューター側で、full duplex とか half duplexを自動で認識してくれるという前提だったが、最近のUSBドングルを利用しているMacはそうでもないのかもしれない。

以上、大人数の施設で大半がMacだというような不幸な環境で働いてる人達も、中にはいると思うんで、参考にでもなれば。

しかし疲れた。Macが嫌いになる理由がまた一つ増えたような気がする。

…って、こんなこと書くと、また熱心なMac教信者の方々に怒られるか。(笑)


ウェブサイトで一部文字化け

[ IT ]

最近、お客さんの中で、ウェブサイト上で一部だけ文字化けが発生するというケースが多い。黒いひし形で『?』が表示され、サイトが正常に読み込まれず、レイアウトが崩れたり、酷い時には、認証が必要なサイトにログインできない。

これまでは、多くの場合、フォントのキャッシュを削除してコンピューターを再起動するだけで直ったのだが、最近発生してるケースに関しては、自分が取り扱った範囲に限って言わせてもらうと、すべてマルウェアっぽいものが原因。大体複数見つかった。

それらのケースに共通するのは、『Sendori』というソフトが入っていたということ。それさえアンインストールすれば、正常に動作し始めた。

っつうわけで、何らかの参考になれば。あくまでWindowsのネタだが。


プリンタをオーブンで修理

[ IT ]

最近時々調子悪かった教会のMFP(マルチファンクション・プリンター = プリンター・スキャナー・コピー機)が、昨日とうとう全く動作しなくなったという電話が入った。

遅くても日曜の礼拝には間に合わせなければならないのと、他にも平日コピーや印刷する必要がある人達がいるので、早速昨日教会へ。

Googleで検索すると、なんとあるサイトに、とんでもない解決法が載っていた。

プリンターには、フォーマッターという、メインコントローラーの役割をする基盤があるが、なんと、それをオーブンの中で熱するという。

冗談かと思い検索を続けても、やたらとその解決法が出てくる。中には実際にビデオをYouTubeに載せてる人もいた。どうやら、冷却関係で誤動作が生じる場合があるらしい。

「水曜の朝には新しいのを買ってくる。」と約束した自分ではあったが、もしこれで直ったら買わずに済むわけで、我が家に持って帰って、今晩早速試してみた。

まず、オーブンを華氏375度でプリヒート。フォーマッターを入れ、5分焼いた。

HP LaserJet M1522nf formatter

その後、冷ますため外に放置し、夕飯後、部品を再度入れ直し、スイッチを入れてみた。

なんと、ホンマに動作しとるじゃねぇの。

これで新しいの買いに行かなくて済むかも。

とりあえず、明日の朝、教会に持ってって、他の人達に使ってもらおう。


翌日教会に持ってきたが、11時現在動作中。


Windows 7へのリモート接続

[ IT ]

たまには本職に関する話題とするか…。

XPなどの古いPCから、リモートデスクトップを使ってWindows 7やWindows Server 2008へ接続する際、やたらと遅くなったりする場合がある。

自分も色んな場所からホームオフィスのPC(Windows 7)に接続するので、困ることがよくあったが、レジストリに項目を一つ追加するだけで、かなり改善された。

レジストリ・エディタ (regedit) を開き、

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters

まで行き、新しく DWORD として『DisableTaskOffload』を作成し、値を 1 に設定。その後、PCを再起動。

結構簡単なので、同様に困ってる人には勧めたい。


hacked…

[ IT ]

先日から、自分がリセラーアカウント経由でホストしているウェブサイトの幾つかが、イスラム系のグループにハッキングされている。自分が運営するサイトも含めてだ。

全体的に見ると、古いバージョンのWordPressvBulletinをインストールしているサイトだった。

お客さんの中には、ブログも念のため入れといてくれってことで、WordPressをインストールしてたりしたが、さすがに全ての客のサイトに入ってるソフトウェアのバージョンを定期的に見て周る時間も気力もなく、いつの間にか、ほぼ使われてないブログが放置状態になっていることもある。今回は、そういうとこが、全部やられた。おそらく、自動的に古いバージョンのものを探してるボットか何かだろう。でないと、自分がホストしてる中には、アクセス数が少な過ぎて、わざわざハッキングする理由もあまりないものがあるからだ。

自分のサイトは、なるべくアップデートしてるが、それでもvBulletinに関しては有料だったんで、更新を怠ってた。幸い、その最初のvBulletinへの攻撃のおかげで、修復方法は判ったんで、他のサイトも簡単に直せたが…。

しかし、世の中、暇な連中がいるもんだ。