この一枚に…

[ ニューヨーク / 信仰 / 家族 ]

東城キリスト教会 - 特別講師: 本田弘慈師 (1964年)

広島県の山奥の、自分の故郷である東城という田舎町にある母教会。母の胎内にいる頃から16歳で渡米するまで通った、自分が育ち、洗礼も受けた場所だ。今の教会堂は1952年に建ったらしい。

この写真は1964年に撮られたもの。

自分が物心ついた頃には既に教会にいらして、幼い頃からの自分を知っている方々が何人もいる。勿論知らない人達も数人。

当然のことながら、中には既にこの世にはいらっしゃらない方々も。そして、結婚前のうちの親も。

うちの親が結婚したのは、この次の牧師先生の就任数ヶ月後だったので、自分はこの写真に写ってる先生にはお会いしたことがない。

自分が人生の中で、まともに通ったと言える教会は3つだけ。

まず、両親も若い頃から何十年も関わったこの母教会。

その次は、テネシーの高校時代に通った教会。週末、寮に残っている生徒は、日曜日の朝になると、キャンパス内で行われる聖書のクラスか、または自分の選んだ教会の礼拝のどちらかに出席しなければならないと校則で決まってたんで、歩いて行ける最寄りの教会に、時には二日酔いの状態で行っていた。そこの奏楽者のお宅でピアノのレッスンを受けてたこともあった。

そして過去22年近く関わってる今のニューヨークの教会

自分が今の教会に行くきっかけになったのは、ある友人のニュージャージーにある日本語教会での洗礼式だった。

1996年、自分は同じニューヨーク州でも、約2時間北の方にあるオルバニーというとこに住んでたが、ある時、その友人から電話があり、「信じてくれないかもしんないけどさ、俺、今度洗礼受けるんだよ。」ということだった。以前その教会に行ってたとは聞いてたが、しばらくするとあまり行かなくなったとかいう話も聞いてたので、結構驚いた。

そして5月26日の日曜日。渡米10年目にして初めて日本語教会というものに行ってみた。その夜は、マンハッタンのその友人のアパートに泊まったが、教会の方から電話があって、翌日、ウェストチェスター(現在自分が1999年から住んでいるニューヨーク市に隣接している郡)に新しくできた日本語教会で、本田弘慈師が招かれて特別集会があるとのこと。自分はせいぜい名前を聞いたことがあるようなないような、といった程度だったが、せっかくの機会だし、その新しい教会が東城の教会と同じ系列の教団に属していたのも興味深かったんで、2人で行ってみた。さすがに最初は時々だったが、それ以来、その教会にどんどん深く関わり始めることになる。当時は本田師のお孫さんもその教会のスタッフの一人だったが、今でも連絡を取り合ってて、昨年2月数年ぶりに帰国した際にも東京で再会できた。

数日後だったか、日本に電話して、ウェストチェスターの礼拝に出席して本田師の話を聞いたということを親父に話すと、数秒間黙り込み、

「おぉ…。そりゃぁ、ええ経験したのぉ…。」と一言。

長年、あの沈黙が気になってた。

それから10年以上経ち、結婚前の両親について、それまで以上に色々知る機会があった。

それでわかったのは、当時の2人は、(臭い表現だが)恋愛にも信仰にも燃えまくってたらしく、有名な伝道師を招いて行われる特別集会の準備のため、東城に住む1人でも多くの方々にイエス・キリストの福音が届くのを願いながら張り切っていた時期があったということ。

この写真はその集会の記念撮影で、説教師として招かれていたのが、最前列中央に座っている本田弘慈師。それを知った時、あの電話での沈黙の意味がなんとなく解ったような気がした。親父も不思議な気持ちだったんだろう。

そして6年近く前、この写真をネットに載せたら、数ヶ月後に、牧師夫人に抱っこされてる『赤ちゃん』から連絡があった。東城は彼女が生まれた町で、写真の中の彼女の後ろの男性が当時の牧師先生だとか。それも、ご家族でカナダに住んでらっしゃるとかで、よくまぁ見つけてくださったと、不思議な縁を感じた。後で聞いたんだが、その先生にとって、初めて牧師を務めたのが東城の教会だったらしい。

その方とは今でも連絡を取り合ってるが、去る12月31日、先生が天に召されたということを聞いた。

その数日前には、東城の教会の今の牧師先生からのメールで、長年教会に関わってこられ、この写真に写ってる方も、12月1日に召されたということを知らされていた。

思わずこの写真を出し、一人一人の顔を見つめた。

自分が生まれる6年以上も前に撮られたこの写真に、様々な想いが込められている。

広島の山奥の田舎町で撮られたこの一枚が、今でも東城とニューヨーク、そしてカルガリーをつないでいる。

神様から与えられてる色々なつながりに、改めて感謝した。

Jesus loves y’all.


Merry Christmas!

[ Happy Hour / ニューヨーク / 信仰 / 音楽 ]

今年は珍しくクリスマスイブが日曜日。

うちの教会としては、夏に約21年使ってきた建物を追い出されて、初めてのクリスマス。なので、例年のような盛り上がりは全く期待してなかった。牧師もいないし、人数も少ないんで、無理して派手なことをやる必要もない。

そういうわけで、ここんとこと殆ど変わらない、いつも通りの12:30からの礼拝にした。

「そりゃ今年は、やっぱヒサさんでしょ。」とか言われてたってこともあり、人生初のクリスマスのメッセージを取り次がせていただいた。暇な人はこちらのページから聴いていただければと思う。

夕方には、今年クイーンズに新しくできた日本語教会のクリスマスイブ礼拝に、うちの教会から数人で出席。自分も二曲、特別賛美としてピアノでの伴奏をさせていただいた。

一曲目は、数か月ぶりにHappy Hourとして、それも初めて特別なアレンジ無しの讃美歌第二編 219番『さやかに星はきらめき』 (O Holy Night)。相方は、これまでほぼ毎年うちの教会のクリスマスイブのキャンドルサービスで、別の人の伴奏で歌ってきたが、自分の伴奏で歌うのは初めて。去年のイブ礼拝で初めて彼女がこの曲を歌わなかったんで、「来年はわしがやるぞ」と宣言してしまった。

アルペジオばかりで、それも自分のこの小さい手を常に一杯に開いてないと弾けないような曲。先週マンハッタンの日本人教会をお借りして二人で練習した時、相方が、「なんだ、弾けるじゃん。実は今日練習してから、きついからあきらめるとか言い出すんじゃないかって、心配してたんだよね。」とか言いやがったんで多少意地になってた部分もあったが…。

実際の演奏では、一つだけ音を間違えたが、瞬時に、「これくらいのことでビビらず、あくまで神を賛美しよう」と心を入れ替えることができた。ここんとこ、キーボードが中心で、ピアノを弾く機会が減ったんで、弾いてる途中で、やけに嬉しくなって、その分更に神に感謝したくなった。相方も、すごく歌い易い伴奏だったということで感謝してくれた。

二曲目は、一緒に行った別の教会員による自作曲。それもこのクリスマスのために書いたという『Jesus was born for you』。元々はギターで弾き語りするものだったが、本人の依頼で、これも自分のピアノでの伴奏になった。曲の雰囲気からして、ピアノでも十分良かったと思う。彼の曲は、自分自身の気持ちを純粋に表現するのが多いので、クリスチャンでない人達にも訴える何かがあるんじゃないかと思うが、これもそんな曲の一つのような気がする。

礼拝後には、ご近所にいらっしゃる、その教会の常連のご家族のお宅で、食事会。そのご家族とは初めてお会いしたが、料理も全て美味しかったし、数年ぶりに会う友人もいたりで、楽しい時となった。

牧師もいなければ、建物もないうちの教会だが、ちゃんと普通に自分達での礼拝を持てたし、人数が少ない分身軽で数人で一緒に他教会の集会にも出席できたし、期待してた以上に充実した楽しいイブだった。

Merry Christmas!


2017年12月のプロレス観戦

[ ニューヨーク / プロレス ]

こんな題名つけると、そんなにいつも観に行ってるのかと思われるかも知らんが、実は最近少ない。ただ、今月に入って2回行ったし、他に題名を思いつかなかったもんで。

9日(土)には、クイーンズでプロレスの興行が2つあった。いや、他にもあったかもしれないが、ニューヨーク周辺のプロレス興行の一覧を載せてるウェブサイトもやっている自分が知ってるのはその2つだけで、両方とも面白そうだった。

自分は夕方早めに始まるWUW (World of Unpredictable Wrestling)の方に行った。La Boomというクラブというかライブハウスでの試合。

WWF(現WWE)の前座で活躍していたジョニー・ロッズという選手が、数多くの名ボクサーを生み出したグリーソンズ・ジムでプロレスを教えていて、元々はWUWも彼の生徒達を中心とした団体だったが、ここんとこメキシコから選手を連れてくることが増え、ルチャリブレ色の強い興行が続いている。

もう片方は、EVOLVEという、元々典型的なインディ系の団体で人気が出たが、最近はWWEと提携してるせいか、前ほど過激な試合をしなくなったと言われる団体。去年21年ぶりにテキサスに行った時、プロレスを観に行った際に出てて結構気に入ったキース・リーという選手が活躍中。

多少悩んだが、マニア気取りの観衆がウザいかもしれないと思われるEVOLVEよりも、メキシコ人が家族連れで集まり、オタクっぽい失礼なヤジも少なく、素直にリング上で起こっていることを楽しむんじゃないかと予想されるWUWにした。

実際、会場の雰囲気は、自分がよく観に行くような試合とは違い、みんなで楽しむという感じだった。

前半は、ロッズの生徒らによる試合。「まぁ、こんなもんだろう。」という試合を、一緒にいた友人と、時々失笑しながら観た。

後半になると、プロモーター自らリングアナウンサーを務めてたロッズ本人が、マイクを持ったまま、レフリーのカウントに合わせて数えたり、悪役レスラーにブーイングまでする始末。さすがにあれは余計。まるでどっかの田舎の商店街のイベントで、自ら司会をかって出てマイクを持って余計なことを喋ってるオヤジみたいだった。正直、「これさえ無ければなぁ…」といった感じだった。

メインは、90年代に新日本プロレスで活躍し、先日メキシコでの試合に負けて覆面を脱ぐ羽目になったドクトル・ワグナー・ジュニアと、L・A・パーク (元祖ラ・パルカ)のシングル戦。パルカなんて、滅多にこの周辺で観ることはできないし、当日も途中まで本当にちゃんと来るかどうかも判らなかった。

試合前に2人ともマイクを握って喋るが、スペイン語なんで殆ど理解できず。

おそらくパルカは、「お前、こないだ試合で負けて覆面脱いだのに、なんでまた覆面被って出てきてるんだ。」みたいなことを言ってたんだろうと思う。結局予想通り、試合前に自ら覆面を脱いだワグナー。2人とも50過ぎてるが、結構盛り上げて、いい味出してたと思う。

2017-12-09 WUW - L.A. Park vs Dr. Wagner Jr.

また、メキシコのプロレス団体AAAの現女子チャンピオン、レディ・シャニの試合を初めてまともに観たが、評判どおりなかなかいいと思った。

そして夕べは、うちの近所の会場にWWE Smackdown Liveの大会があるってんで、友人夫婦との3人で行ってきた。歩けない距離じゃないけど、その2人が車なんでついでに乗せてってもらった。

WWEは、去年の11月に、二軍的な役割を持つNXTの試合を観に行ったが、メインの興行としては7、8年ぶり。この会場はコンサートなどで何度も来てるがプロレスは11年ぶり

当然、それ以来何度もこの会場にWWEは来てるわけだが、なんとなくそこまで行きたいとは思わなかった。今回は中邑真輔が出るというんで、彼の試合は何度も生で観てるが、せっかく近所なんで行くことにした。

とはいえ、その真輔はなんと二試合目。普段はテレビ中継の最後の方に出る、所謂メインイベンターなんで、正直、この前座扱いには驚いた。ただ、相手が抗争中のサミ・ゼインだったので、休憩後の後半にでも、それぞれのタッグパートナーを含めての絡みがあるんではないかと思い、ほんの少しだけ期待していた。結局なかったけど。

自分は殆どWWEを生で観ることがないんで、多くても数百人しか集まらないインディ系の興行ばかりに慣れてるせいか、照明や音楽、モニターに映し出される動画など、全ての面で突っ込みどころが少なく、当然のことながら改めて世界最大のプロレス団体の凄さを感じた。っつうか、比べちゃダメか。

テレビ中継じゃなかったんで、どうせタイトルマッチも王座移動がないのは予想がついてたが、マイクで長ったらしく喋ったりの余計な芝居などが無く、試合だけを楽しめたし、感動するような試合こそ無かったが、とりあえずは退屈せず安心して観れた。

普段テレビに出る選手達がいつもやってるような試合を会場で観てるだけ、と言えばそれまでだが、やはり生だと気持ちの面で違う。特に、両方とも大ファンってわけじゃないが、リック・フレアーの娘のシャーロットと、ジム・ナイドハートを父親に持ち、ブレットとオーエンの姉エリー・ハートを母親に持つナタリアの試合を初めて生で観るのは、やはり昭和プロレスファンとしては感慨深いものがあった。

真輔については、最近負けが続いたり今回のように前座だったり、少しずつ扱いが悪くなってるようだが、あえてしばらくそうしておいて、1月の『Royal Rumble』優勝で驚かせ、毎年春に行われる世界最大のプロレスイベント『WrestleMania』でのWWE世界王座挑戦権を勝ち取り、現王者のA・J・スタイルズと一騎打ち、という会社の意向かもしれない…というのが一部のファンの予想。

自分も多少期待はしているが、もし本当にそうなっても、さすがに昨年1月に新日本の東京ドーム大会で2人が見せたレベルの試合を望もうとは思わない。

とりあえず初めて日本人選手が本格的にWWEのメインイベンターになっているという事実を素直に喜ぶ程度でいいのかなと思う。

Jesus loves y’all.


Bob Dylan @ Beacon Theatre

[ ニューヨーク / 音楽 ]
Bob Dylan w/ Mavis Staples

夕べはマンハッタンのビーコン・シアターまで、ボブ・ディランのコンサートに行って来た。

ディランのコンサートはこれで3度目。

1度目は、(卒業せずに途中止めした)大学院時代。1997年4月に、キャンパス内の体育館でコンサートをやるという情報が、当時同じ大学で寮に住んでた弟から入ってきた。そんなに大きいとも思えない体育館で、中に入ると、両側に階段式の席があるだけで、椅子も設置されてなかった。「こんなとこでディランがやるんかいな。」と、本人を実際に見るまで疑い続けた。

その時のディランは、期待通りだった。当然バンドも連れてきてたが、中盤にはアコースティックギター一本で『Mr. Tambourine Man』、アンコールには自分の大好きな『Forever Young』や『Rainy Day Women #12 & 35』もやった。なにしろ椅子がなかったんで、終わりの方はディランの表情がはっきり見えるくらいステージに近づいて聴けた。

でも、『普通のディラン』を見るのは、あれが最初で最後だったのかもしれない。いや、ディランに『普通』を求めること自体、間違ってるのかもしれない。

2度目は、2009年11月のマンハッタンのユナイテッド・パレス・シアターで、前座は『The Wanderer』で有名なディオン。

あまりギターを弾かなくなったとは聞いてたが、その日のコンサートは、ディランがギターを弾いたのは確か1曲のみ。後は全てキーボードで、それも、ただでさえほとんどの曲をアレンジし直してるのに、あの声だとあまり聞き取れないんで、途中までどの曲かわからないのが多かった。個人的にはじっくり聴けて楽しかったし、大好きな『Like a Rolling Stone』もやってくれたんで、決して酷いコンサートってわけじゃなかったけど、やはり1度目の印象が強かったんで、あれからも何度かこの近辺でコンサートをするという情報は入ってきたが、「もうディランはええかな。」と思ったのが正直なところ。

ならば、なぜ今回再び興味を持ったのか。

上手く説明できないが、要するに直感だった。

あのステープル・シンガースのメイヴィス・ステイプルズが前座で出演するというのもあったが、それだけでは行く気にならなかったと思う。

そのうえ今回のツアーのレビューも散々。

昨日の昼過ぎギリギリまで迷ってたが、思い切って行くことにした。なぜか行かねばならない感じがした。とりあえず、売れ残ってた中では一番安い値段で二階の二列目という良さそうなのがあったんで、チケット購入。

会場に入ると、自分の席は、一番端っこだったが、ビーコンは基本的に二階か三階なら、どこに座っててもよく見えるというのは知ってたし、予想してたよりもステージに近くて、いい席だった。

メイヴィスは期待以上に盛り上げてくれた。実は元々あまり曲を知らなかったが、殆どがちゃんと歌詞を聞き取れた。観客とのやりとりも楽しかった。

そしてディラン登場。バンドはロックもブルースもカントリーも、そしてジャズっぽい雰囲気の演奏もこなせて凄かったが、本人は全くギターを弾かなかった。去年の映像などを見ると、決して弾けなくなったわけではなく、何等かの理由があるらしい。

多くの曲が、彼のオリジナルを例によってアレンジし直したもので、前回のようなキーボードじゃなく、ピアノを弾きながら歌っていた。当然その方がよかった。

合間に立ち上がって、マイクスタンドを握り、『Melancholy Mood』や『Once Upon a Time』などのフランク・シナトラやトニー・ベネットのカバー、そしてジャズの定番『Autumn Leaves』(枯葉)も歌ったりした。

アンコールの1曲目は、ディランの曲では世界で最も有名な『Blowin’ in the Wind』(風に吹かれて)だったが、それをやけに明るいカントリー風に仕上げてた。最後は『Ballad of a Thin Man』。

メイヴィスとは反対に、ディランはコンサート中一度も語らなかった。挨拶もなければ、曲の紹介も、バンドメンバーの紹介もなし。アンコールが終わると、バンドメンバー達と並んで、ちょっと両手を挙げた程度。もしかしたら、今回はあえてこういう路線にしたのかもしれない。

ディランの歴史を振り返ると、いい意味でも悪い意味でも、ファンの期待を何度も裏切ってきてるような気がする。そういう点では、マドンナや松田聖子、そしてアントニオ猪木にも共通している。って、比べたら怒られるか。(笑)

1960年代初期、アコースティックギター一本のフォーク歌手として人気が出たかと思えば、バンドを起用して、『Like a Rolling Stones』のような曲を出した時、多くのファンを怒らせたらしい。

1979年には、突如クリスチャンアルバムを発表し、コンサートでもイエス・キリストについて語るようになった。多くのファンは『反体制派』のディランが好きだったわけで、当然ブーイングが多かったとか。

かと思えば、クリスチャンアルバムも3枚で終わり。

今回のツアーのようなのも、期待して聴きに行った多くの人達を裏切ってるはず。事実、昔のディランしか知らない人達からは、ギターも全く弾かず、その上ジャズっぽい曲のカバーを歌う姿を見て「ギター弾けなくなったのか?」とか「そろそろネタ切れか?」、「引退した方がいいのでは?」などという意見もあるが、自分はそうは思わなかった。昔から彼の歌声には賛否両論あるが、彼が歌うジャズっぽいスタンダード曲も、ディランなりのセンスがあって、決して悪くないと思う。ポール・マッカートニーやローリング・ストーンズの様に昔のことを中心にやってりゃファンは十分喜ぶのに、年齢を重ねながらも今尚新しいことを試し続ける76歳のディランの姿を見て、「やっぱこの人、すげぇわ…。」と感じた。

そんなディラン、最近出たアルバムが凄そうだ。とはいえ新作ではなく、恒例のブートレグシリーズだが、1979年から1981年の間、クリスチャンとして活動していた期間からのアウトテイクやライブ版、未発表の曲が収録されている2枚組。また、CD8枚+DVD1枚のボックスセットも出ているらしい。

今の混乱した世の中、あえてこのタイミングでこんなのを出すのが興味深いが、『Trouble No More』のタイトルどおり、これを機に、ディランが歌うゴスペルから、一人でも多くの人達が何かを感じ取れたらと思う。

Jesus loves y’all.


船出

[ ニューヨーク / 信仰 ]

何度か書いてるとおり、うちの教会はここ数年、色んな『困難』を通ってきている。

20年以上使ってきた建物が約1年半前に他教会に売られ、2019年12月まで使わせてもらう契約だったが、結局出て行ってくれとか言われ、建物を売った元所属教団からも独立し、そのうえ現在は牧師もいない。

だが、教団に対する疑問は『9・11』の頃から少しずつ積もってきてたし、教会堂売却が決定した頃から、2017年6月末の牧師先生の3年間の任期終了と共に、建物からも教団からも出るべきというのは、少なくとも自分は既にある程度視野に入れていて、むしろそれを目指すべきだということを他の人達には伝えていた。

だからと言って、実際にそうなるように行動に移したわけでもない。神様がどう導いてくださるか、忍耐を持って待ち望むことにした。結果、教会外の周りの連中がゴタゴタと動いて、決していい形ではないが、自分がある程度頭に描いてたようになった。

とはいえ、先月末、結構突然追い出された形になったんで、しっかりと準備ができてたわけでもなく、7月に入ってから3週は、毎回別の他教会の礼拝に合流させていただいた。そして先週と今朝は教会員宅での家庭礼拝。

つまり先週7月23日が、やっと単立無牧放浪教会として初めて独自での礼拝だったわけで、自分がメッセージを取り次がせていただいた。

現在も時々タイミングを狙って、旧教会堂に残っているうちらの所持品を持ち出しているが、その翌日の月曜も、自分の『音楽の相方』が教会に置いてた荷物を運び出す手伝いをしていた。

彼女が住んでいるのは女子寮みたいな所で、自分が建物に入るとなると手続きなどが必要で面倒で、彼女も自力で車と部屋を往復するって言うんで、自分は車の中で待ってたが、一往復した後、結構大変そうだったので、結局手伝うことにした。

受付で手続きを終わると、彼女に郵便物が渡された。

その中の1通は、移民局からのものだった。思わず2人で顔を見合わせてニヤリとしてしまった。

部屋に荷物を運び入れるのを終え、封を開けた。

数年前から自分が手伝い、法律事務所に依頼せず申請した彼女の永住権。

やっとその通知が来て、承認されたとのこと。

今、うちの教会が置かれている状況のこのタイミングで、それも自分が荷物運びを手伝うという全く別の理由でその場にいて、2人で封筒の中身を確認したというのが、なんとも神様の粋な計らいを感じた。3日後には、グリーンカードの現物も届いた。

そして、今朝の礼拝では、彼女が永住権取得に至るまでの感謝の証をした。

先週も今週も、多くの人達の価値観からしたら礼拝っぽくない礼拝だったかもしらんが、うちらにしては、新しい出発に相応しかったと思う。

礼拝での話はこちらのリンクにあるんで、気が向いた人は聴いてくれたらうれしい。

ほんの数名しかいない小さな群れで、人間的な意味からすると、弱小化したと思われて当然の教会。

でも、負け惜しみとか抜きで、今すごく教会として充実している。礼拝だろうとバイブルスタディだろうと祈祷会だろうと、多分ある程度どんな場所でもできる勢いかも。

よく自分が聴いてるゴスペル中心のラジオ局の番組で、「Don’t just go to the church; be the church! (教会に行くだけじゃねぇ。てめぇが教会になれ!)」という標語みたいなのがあるが、正にそれに近づいてるのかもしれない。

昔、自分がまだ結婚する前、うちの教会の『青年会』の集会で、初代の牧師先生が言ってたのを思い出す。

「世の中には、港から出て行かない船のような、殻に閉じこもったクリスチャンが多い。ちゃんと出て行って、『この世』という海に沈まずに、しっかり進んでいけるクリスチャンに、みんなにはなってほしい。」

まだまだ色々と面倒なことが続いて当分落ち着けなさそうな気はするが、余計な伝統や形式に囚われることなく、「嵐を恐れず、雨の中で踊る」という気持ちで、神様に感謝しながら自由に航海していける教会でありたいと思う。

Jesus loves y’all!